1. ホーム
  2. オールインワン体験
  3. ≫38歳 夏場は美白用、それ以外は、一般的なオールインワンジェルがお勧め

38歳 夏場は美白用、それ以外は、一般的なオールインワンジェルがお勧め

オールインワンクリームをおすすめする人は、忙しくてスキンケアにあまり時間を取ることができない人や、ずばり私のような面倒くさがりの人間です。

オールインワンスキンケアのメリットは、何といっても時短です。

今まで洗顔後、化粧水、乳液、クリーム、化粧下地・・・と当たり前のようにやっていた手順をたった一つで済ますことができます。

従来のやり方だとワンステップごとに少し間を置いて浸透させたり乾かせたりと朝の時間のないときには面倒に感じることもしばしばありました。

オールインワンクリームならばクリームを塗ってすぐメイクに取りかかることができ、たいへん自担につながりました。

また、化粧品代を節約することもできます。

化粧水、乳液、美容液・・・ひとつひとつ揃えるとかなりの金額になりますが、オールインワンクリームなら10分の1ほどの値段で済ませることだできます。

良いことづくめにしか思えませんが、もし敢えてデメリットをあげるとしたら、肌の状態に合わせて調整がやや難しいことでしょう。

オールインワンクリーム、ゲル、ジェルの違いは使用感

オールインワンクリーム、オールインワンゲル、オールインワンジェルはすべてオールインワン化粧品であり、ひとつで多機能をこなすということに変わりはありません。

違いはその使用感にあります。
オールインワンクリームはその名の通り、クリーム状になっています。

オールインワンゲルはプルプルとした弾力が特徴です。
身近なゲル素材としては、ヒアルロン酸やコラーゲンなども天然のゲルです。

また、オールインワンジェルは3つの中でいちばん水分量が多く含まれています。

使い分けは好みにもよりますが、さっぱりしたものが好きならばジェル、しっとりとしたものが好きなら、ゲル、さらにしっとり塗り込みたい場合はクリームを選ぶと良いでしょう。

それぞれのメリットとデメリットとしては、クリームは保湿力は高いけれどべたつきがあって夏場は重たく感じること、ジェルはさっぱりしているけれど保湿力が低いことが挙げられます。

なので中間タイプのゲルを選ぶか、季節に合わせて使い分けると良いでしょう。

オールインワンジェルの中でかなりリーズナブルなパーフェクトワン

まず最初に思ったのが、値段がすごくリーズナブルだということです。

化粧水、乳液、クリーム、美容液、パック、化粧下地の6役もこなすクリームが3,800円なんて信じられません。

普通に化粧水と乳液だけで今まで1万円近くかかっていたのに驚きです。

しかも初回のみ半額の1,900円なんて、商品に自信がなければできないと思います。

送料も無料でユーザには嬉しいことばかりです。

安かろう悪かろうでは困りますが、こちらの商品の成分はパラペン、合成香料、合成着色料全て無添加です。

それに製薬会社が作っているという点も安心感が大きいです。

また、今までこういったオールインワン化粧品というのは、あまり選択肢がありませんでしたが、パーフェクトワンは肌タイプに合わせて、みずみずしいハリ肌を目指すモイスチャージェルタイプか、ハリ、潤いに加えてシミ対策もできる薬用ホワイトニングジェルかの2タイプから選べるというのがたいへん良いと思います。

夏場とそれ以外で、オールインワンも使い分けを

これまでオールインワンクリームを使ったことはありましたが、オールインワンジェルやオールインワンゲルの商品があるというのは今回初めて知りました。

オールインワンクリームは確かにすごく便利で良いのですが、夏場は使用感が重たく感じるのでこれまで秋から春しか使っていませんでした。

これからは、季節に合わせてオールインワンスキンケアをしていきたいと思います。
ジェルだとさっぱりしていて春から秋にも使いやすそうで関心があります。

新日本製薬さんのパーフェクトオールインワンジェルはコラーゲンなどの保湿成分も入っているモイスチャージェルもあるので、年間を通じて使い分けることができそうです。

ちょうど夏にできたシミやソバカスも気になっていたので、紫外線対策もできる美白成分配合のパーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルを試してみたいです。

価格も今まで使っていた商品よりも安く、成分も良さそうなので早速注文したいと思います。

シェアをお願いします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。